TOP > CATEGORY - 未分類

スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



COMMENT LIST

お知らせ 
旅人、この度、線維筋痛症「闘病記」を出版しました。

注文受付中。
アマゾンでも注文できます。


死願を越えて


死願を越えて

興味のある人、「もしかしたら・・・」という人
購入お願いします。

スポンサーサイト


COMMENT LIST

京極夏彦「死ねばいいのに」 
詩も書けない、小説も書けないから
たまにはこんな事書くのもいいっすよね?

5月に発売になってからずっと気になってた本
感想は、感動したとか良かったとか、そんな生易しい言葉じゃ足らない
共感したらマズいかもしれないけど、共感した
泣いた・・・本の中に入り込みすぎた
泣く人、いないと思う


死んだ女のことを教えてくれないか―。無礼な男が突然現われ、私に尋ねる。私は一体、彼女の何を知っていたというのだろう。問いかけられた言葉に、暴かれる嘘、晒け出される業、浮かび上がる剥き出しの真実…。人は何のために生きるのか。この世に不思議なことなど何もない。

こんなこと書いてあったら、読みたくなるじゃん?
で、結局、買ってイッキ読み

レビュー読むとあんまし良くないし、良くても、内容よりも今までの京極作品との比較
京極作品が好きな人程、受け入れ難い本かも

人間の本質捉えててすっごく良いと思うんすけど
でも、旅人って変わってるし、頭悪いし、あんま何も考えてないから
書いてある文字、そのまま受け取ってるっていうか
あくまで、個人の感想だから、全然アテになんてならないっすよ
ただ、死んだ女の気持ちが手に取るようにわかるんっすよね
「死ねばいいのに」って言われても「そうだな」って
人間なんて生きてて、イヤなことあって当然だし、「死ねば?」って言われて怖くなって当たり前
それなかったらもう人間じゃないっすよね?
だから、こうに思う旅人が一番「死ねばいいのに」じゃないっすか?

って、主人公なら言うだろうな
きっと、これを狙って京極夏彦はこの本を書いたんだと思う

「死にたい」って一度でも真剣に思ったことがある人は、読んでみたらどうかな?
もやもや感を味わいたい時にピッタリって、レビューもあったけど、
いやー、それは違うっしょ、すっきりしたっす

ダ・ヴィンチの今月のプラチナ本になったし
「木っ端微塵砕かれるのは、読者の固定観念か。」
全く砕かれなかった



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村




COMMENT LIST

【Re: ご無沙汰しております】 by 旅人


こんばんわ!
お久しぶりです。

コメントありがとうございます。

この本は、個人的にはお薦めです。
誰にでも「こころの闇」があるんだな、と思い知らされる本です。

若しあらば 
若しあらば煙草恵めと
寄りて来る
あとなし人と深夜に語る

can you spare me a cigarette?
i talked the wee houres with a
tramp who came up to me



白き蓮沼に咲くごとく
かなしみが
酔ひのあひだにはつきりと浮く

like white lotuses blooming in a swamp
sadness
floats up clear between bouts of inebriation

英訳:R・キャンベル


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村



COMMENT LIST

【】 by 敦聡


うーん。
右とに英語の部分が読めなかった私は

やっぱりって感じだったなぁ。

いつもありがとうございます=^_^=

【こんにちは】 by 旅人


あづささん

いつもありがとうございます。
英語の部分は、短歌を翻訳しただけです。

この2首が好きだから、アップしただけで
特に深い意味はないです。

これでおしまい 
応援してくださったみなさーん!
今日で、一旦ブログの更新はストップします
本当にありがとうございました!

6月から始めて、自分の力を試したかった
結果・・・よくわからん!
ランキングが安定しないと言うことは、力不足の一言

旅人の伝えたいのは「こころの闇」
人間のこころには闇がある
それを認めず、優しさや癒しを求める
それが今の時代
でも、だからこそ敢えて「こころの闇」を書きたい
官能小説でも、闇だらけだ
乱雑且つ稚拙な文章のために伝わらなかったのだろ
だけど 全て旅人にとっては大切な言葉たち
書く事読む事=生きる事
ブログにアップされることはないかもしれないけど
これからも 書く事は続ける

今は、読書に励み、もっともっと勉強しないといけない時期なんだろう
語彙力も乏しいし

必死に書いて、寝食を惜しんで書いた日もある(睡眠時間と食事の時間が一番削れる)
時には、本当にこのまま死ぬ!?と感じることも フラフラになってもキーボードをひたすら打ってた
まさに「全身全霊」で、走ってきた(ちょっと慌てすぎたかな?疲れてしまった)
中途半端で中止すると
「命かけてたんじゃないのか?」と一喝されそうだな

うーん、ここのところ精神状態がかなり悪く、抗戦的
どうやら、新薬の副作用ではないか?と
内科のドクター曰く「めまいとかあるんだったら、情緒不安になっても仕方ない」
マジッすか?
新薬だから、副作用のデータも少ない
「こういう状態になるってわかれば、副作用のデータが増えるよ」
って、臨床実験っすか? まさに命がけだ!!!
こんな状態で、まともな文章が書ける訳もなく・・・

最後にすこーし詩でも書いてみます


自分に素直に生きる事は
他人を傷つけて生きる事ではない
正直に生きるという事は
自分を想ってくれる人の気持ちを
踏みにじる事ではない
受け入れる必要はない
只 人間としての自尊心は忘れるな
男とか女とかのプライドなんて捨てちまえ
自分の言葉には責任を持て



あたし あんたのことホントに好きなのに
相手にもされてないんだね
あんたの言葉 信じてたのに
アホだね
どうしようもないね
からかわれてるだけだね
あたしの想いなんて 全然伝わってない
笑ってたんだ
嘲ってたんだ
身体もこころも弄んで
ねぇ そんな事いつまで続けるの?
他のヒトにはしないでよ
傷だらけにするのは
死にたいって望ませるような事は
あたしだけで充分でしょ?
あんたのアンバランスなこころの痛み
持っていってあげるから
もう 誰も傷付けないでよ
あんたが 一番傷付くんだよ




短い間でしたが、支えてくれた皆様に感謝いたします。
戻ってきたときには、また、変わらずに宜しゅうお願いいたします。

旅人(たびと)

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村



COMMENT LIST

【ありがとうございます!】 by 葵游


コメントとお返事ありがとうございました。

旅人さまはいつもステキな言葉をかけてくださるのですごく嬉しいです。

しばらくお休みなさると言うことなので、寂しいですがいつか戻ってきて下さいね!!

私はダラダラと綴っておりますのでまた遊びに来てくださると嬉しいです!!

それでは、またお会いしましょう!!

【】 by tukeji


終りましたか。
そんな予感はしていたが、残念です。
言葉は願いであり、武器であり。表現はいつも終らない。
そして、生きていることは嘘じゃない。
いつでも復活待ってます。
おおきに、サンキュー!
special thanks myfriend 旅人

【Guten Abend !】 by ヘルブラウ


残念です、最近はよく訪がっていい時間をこちらですごしていましたのよっ!

途中から素敵な音楽が流れるのがうっとりで、特にいわゆる官能小説なのかなぁ~、描写がとても端整で、でもパッションがほとばしるようでした。

またブログで書く気(表現)になる時期が来られることを楽しみにしています。

Besten Dank!


【Re: ありがとうございます!】 by 旅人


葵游さま

コメントありがとうございます。

ステキな言葉ですか?
思ったことをそのまま書くだけ。
コメントもやっぱり言葉ですから。

今のところは、復帰は全く未定。
しばらくは読む事に専念。
書きたくなったら、戻ってきます。

また、訪問させていただきます。
ありがとうございました!

【tukejiさま】 by 旅人


tukejiさま

コメントくださり、ありがとうございます。

しばらくお休みしてから、ゆっくり考えます。
書く事は好きなので、止められそうもないので・・・

言葉は、命でもあります。

また、訪問させていただきます。
ありがとうございました


【Re: Guten Abend !】 by 旅人


ヘルブラウさま

ご訪問&コメントありがとうございます。
とても嬉しく思います。

>描写がとても端整で、でもパッションがほとばしるようでした。

あぅ、こんなに褒められたら涙が出ます。
端整な描写ですか・・・そうに感じてもらえて嬉しいです。
旅人としては、まだまだ乱雑だと、未熟さを恥じます。

復帰は未定。
すぐに戻ってきて、ぶん殴られたらどうしよう?(笑)

【いつもありがとうございます】 by 旅人


あづささん

ひとまずお休みです。

体調も整えないと、まともな文章が書けません(汗)
書く事は大好きなんですけど、今のままだと嫌いになってしまいそうで・・・

戻ってきたら、また宜しくです。

神よ ご加護を その3 
彩ちゃんが亡くなってから、何のかもが変わってしまった。お兄ちゃんは、学校へは余り行かなくなった。喋る事を忘れたかのように、無言で部屋に籠っては泣いていた。
理犀は、女の子を避けるようになった。桐ちゃんを除いて。私のことも避け始めた。
そして、桐ちゃんは人格が変わった。私とは変わらずに仲良くてくれたけど、他の子に対する態度が怖かった。

なんで、あの時声をかけなかったのだろう?一言でよかったのに。
「彩ちゃん」て呼ぶだけで、彩ちゃんは助かったのに。
その事が今でも悔やまれる。10年も前の出来事なのに。
たった一言を口にしなかったばかりに、彩ちゃんは死んだ。
私は、それを毎日思い出し、神様に祈る事しかできない。

「引越しするんだろう」なんて噂も流れた。桐ちゃんのお父さんは体調が悪くなって半年近く入院した。お母さんは、白髪だらけになって、小さくなっていつも歩いていた。
お買い物も、わざわざ遠くへ行くようになって、それを見かねたママがよく野菜やお肉などの食材を、持っていってあげてた。私も頼まれて何度か桐ちゃんの家に届けた。

学校では、クラスの子たちが桐ちゃんの悪口を言ったり無視したり。陰でコソコソ話をして、桐ちゃんが来ると、いやらしい笑い方をして話すのを止めた。
桐ちゃんは、9月の終わり頃から学校へ来なくなった。桐ちゃんがいないのをいい事に、悪口は更に酷くなった。
「あいつ、受験できないだろ?中学浪人てどうよ?みっともないよな」
「いくらお姉さんが亡くなったっていっても、不登校になって引き籠りっておかしいよね~」
私は悔しかった。彩ちゃんが亡くなった時は、散々桐ちゃんに意地悪したくせに。不登校にしたのは、皆のせいじゃないの?
泣きながら叫んで、わめき散らした。
「桐ちゃんは何も悪くないのに、みんなで意地悪したり、陰口叩いたから、来なくなったのに。今度は、それを責めるのって、みんなサイテー!酷すぎ!」
クラス中が水を打ったように静まり返った。「ごめん」と謝ってくる子もいた。教室から気まずそうに数人、出て行く。
「葵と桐佳は親友だもんね。葵も辛いよね」
違う、違う!一番ズルイのは私だ。偽善者。桐ちゃんの事を心配しているんじゃない。
自分がした事がバレるんじゃないかと不安で、桐ちゃんを庇う振りしてただけ。
私って何て冷たい人間だろう。
一番残酷で、桐ちゃんの事を考えてあげられなかったのは、他でもないこの私。

殆ど毎日、桐ちゃんに授業で取ったノートのコピーを持って行った。
私も受験の事を真剣に考えないといけない。桐ちゃんと同じ高校へ行きたかった。そうに望んでた。

だけど、それは無理だ。私には桐ちゃんと同じ高校へ通う自信がない。
自分には、もっと違う、自分に合った高校があるんじゃないかと思い始めた。
私は、その時に「今の自分は変わらなくちゃいけない。彩ちゃんを見殺しにした事から逃げてはいけない」と強く思った。
けど、まだその反面、バレてないんだから、このままで良い。このまま黙って大人になれば良いんだ、という気持ちも残っていた。

桐ちゃんの家に行っも、居心地が凄く悪くて、ノートだけ渡してちょっと話して帰る。
桐ちゃんはベッドに座っているだけで、何もしていなかった。凄く疲れているみたいで、隈ができてて、見ているのが辛かった。
桐ちゃんの家は全てが冷たかった。生気が感じられなかった。
たいてい、桐ちゃんのお母さんはお父さんの看病で病院へ行っていて、留守だった。
桐ちゃんを一人にするのは、とても心配だった。けど、彩ちゃんの思い出が、家の中のそこここにあって、私は針のむしろに座らされた心地だった。

「一人で、大丈夫?」
「みんな、お姉ちゃんの方が可愛いんだよね。私はいつも置き去り。忘れられた玩具みたい」
「何言ってるの。そんな事ないよ。今はおじさんの具合が悪いから、でも元気になったら大丈夫だよ」
何が大丈夫なのかわからないけど、そうに言うしかなかった。桐ちゃんの言ってる事がさっぱりわからなかった。
こんな状態が12月まで続いた。

私はただ怖かった。彩ちゃんの身体は、川の流れでかなり遠い場所で発見されて、その時の姿は凄惨だったと、誰もが話していた。
あの日、夜から又激しく雨が降った。彩ちゃんは濁流の中、岩や木の枝にぶつかり、刺され、制服はボロボロになり、彩ちゃんの腕や脚、そして顔は皮膚が剥がれたり捲れあがったりして、骨が見えるところもあったらしい。
指は不規則に曲がり折れていた。

私は、来る日も来る日も、彩ちゃんが橋から飛び降り、紺色のスカートが彩ちゃんの脚にピタリと張り付いていて、勢い良く落下していく彩ちゃんの夢を見た。
朝起きると、汗ビッショリだった。
誰にも言うことはできなかった。うなされても眠ることができなくなっても、誰にも話さなかった。


続きは金曜日以降になる。
新薬の副作用で辛い・・・浮動性めまいに傾眠。むくみ。吐き気と頭痛。腹痛。
認可されたばかりで、どこまでが副作用なのかわからんじゃないか!
浮動性めまいと傾眠、むくみは副作用だ。

うーん。ゲボッって感じ。(食事中の方、申し訳ないっす)
壁には激突するしなぁ、めまいでふらふらするから。
書けない、モニタ見てるだけで、ストンと眠りに落ちそうだ。
続きもまだ書けてないんだよー!(頭の中では完結してるけど)


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村




COMMENT LIST

【】 by 敦聡


体調酷く悪そうですね(汗)
それでもこんなに書けちゃうんだΣ(゚ロ゚;)!

無理しないようにしてくださいね。
壁にぶつかるのは危ないなぁ・・・。

コメントありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

【Re: タイトルなし】 by 旅人


あづささん

いつもありがとうございます。
体調は・・・副作用でちょっと辛いです。

書ける時に書いておかないと、忘れてしまう。








HOME