FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > Title - 意地悪 五TOP > 短いはなし > Title - 意地悪 五

スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



COMMENT LIST

意地悪 五 
 女は指の動きを止める。
 ペニスを自分の脚の間に咥え、ほんの少しだけ腰を動かす。男が快感にうめく。2、3度腰を動かし、ペニスを抜く。
「止めるのか?」
「往生際が悪いのね」
 完全に侮辱した声色だ。
「お前のこと、好きだから」
 何をこの後の及んで言っているのだろう?開いた口がふさがらない。こいつ、ただのバカだ。
やりたいだけの男だ。私が、求めているのはそれだけじゃない。
 普通のことがしたい。呆れるほど普通のこと。共に食し、語り合い、歩く。それだけだ。その中に肉体的な快楽を共有することが含まれているだけだ。それが目的ではない。

 ペニスを口に入れると、顔を前後左右に動かす。割れ目に舌を入れ、舐め上げる。
「ダメだ、イキそうだ」
 女は口からペニスを出す。まだ足りない。こんな生易しいものじゃ駄目。
女の苛めは執拗だ。
 男のペニスは、女が知っている限り一番硬く屹立している。カリの部分を撫でただけで射精するだろう。今まで、女がしたどんな愛撫よりも、今が一番感じている。


 女は恋愛に対して無知だった。いつも同じ失敗をする。好きになりすぎて、疎まれる。女の全てが恋愛対象の男に左右される。
 何もかもを捧げる。「死ね」と言われたら、迷うことなく死を選ぶだろう。女の中には「与える愛」しか存在しない。
 よって、いいように操られる。待つことしかできないから、ただただ男を待つ。そして、捨てられる。
「自分が可愛いだけだ」と、女にとっては全く意味不明の言葉が残る。もう、二度と男に振り回されない。そうに決心するが、好きになると、そんな気持ちは淡く消える。
 同じことの繰り返し。その度に死の渕を彷徨うような苦しさと切なさに、翻弄される。眩暈と吐き気がする。
 好きなだけなのに・・・失恋の後、誰にともなく女はそう呟く。

 今回は同じ過ちを犯したくなかった。愛情が憎悪へと変化する瞬間、身体の中のマグマが噴出した。全身が火あぶりにあった気がした。腕が小刻みに震え、悔し涙が頬を伝い、女が着ていたカットソーに染みをつけた。
 女は戸惑った。自分の中にこんな黒い負の感情があるとは想像だにしなかった。男のことを愛していた。愛していたからこそ、憎み、怒りが爆発した。
 何もできない無力なこの愚かな男は、女のこころの闇に気づくわけもなかった。

 男から離れると、自分の携帯を持ってきて、動画モードにする。男のこの滑稽で惨めな姿を録画する。自分でも厭になる程非情な事をしている。こんな自分が大嫌いだ。
 それなのに、止めることがでいない。男が自分の気持ちを踏みにじったから。落胆して目の前が真っ暗になったから。もう、こんな辛さはいらないから。
 男のことが好きで好きで、ただ好きなだけなのに、それなのに・・・

 愛液をすくい、男のペニスに塗る。ヌルヌルのべちゃべちゃ。なんでこんなものが気持ちよくさせてくれるのか、全く理解できない。
「イッテもいいわよ」


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村



COMMENT LIST



<<抗わないで *HOME 生きる罪>>
COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 




TRACKBACK

TRACKBACK URL to this Entry

<<抗わないでHOME生きる罪>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。