FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > Title - 絆という糸TOP > 短いはなし > Title - 絆という糸

スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



COMMENT LIST

絆という糸 
「プチン」と鋏で糸が切れたと、思った。
背中から汗が垂れる。
また、男が絆をひとつ捨てた。
それはいつも突然で、男の気の持ち方だけで千切れてしまう。
その度、女は自分の身体が磨り減っていく気がする。
男との何でもない関係。
女は苦しいと思いながらも、男を愛している。
離れたくない、繋がっていたい。
それを愛と呼んで良いのか否かはわからない。
けれど、女は男を求めてしまう。

「プチン」また、糸が切れた。
ギリギリで繋がっているだけ。
あとどれ程で全ての糸が切られてしまうだろう。
女は男に何も言わない。
それは男が決めることだから。そういう男が愛しいと思うから。
最後の1本はいつ切られるか。
男はそれを最後の糸だと気付くだろうか。
その時はこう言おう。
「ありがとう。幸せだった」


人気ブログランキングへ





COMMENT LIST



<<何でだ *HOME やっと>>
COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 




TRACKBACK

TRACKBACK URL to this Entry

<<何でだHOMEやっと>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。