FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > Title - 過失か故意かTOP > 短いはなし > Title - 過失か故意か

スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



COMMENT LIST

過失か故意か 
男は女にうんざりしていた。
そして、女は疲れきっていた。
お互いの気持ちはいつも平行線のまま、突き進む。
男は言いたい事ばかり言う。女は、喉元まで出かけた言葉を飲み下す。
こんな状態で長く続く訳などない。初めに女がその事に気付いた。
男は、ただその肢体を惜しげもなく差し出す女に、一抹の安堵を見つけていた。
絶対に大丈夫、だと。
求めるのはいつも女からだ。男は、女の求めに応じるだけだ。
イヤならば突き放せばいい。女は男の言いなりだ。

服を脱げと言えば脱ぎ、脚を開けと言えば、微かに顔を赤らめながらも開脚する。
女の髪を掴み、自分のペニスを強引に女の口に入れる。
喘ぎだしながら、女は奉仕する。女がイク前に勝手に射精して止める。
自分が満足すれば、もう用なしだ。
飽きたら、そのまま何もせずに寝てしまう。
それでも、女は何も言わずに、男の背にピトリと張り付き、眠りに入る。

文句も言わない女に飽き飽きする。
メチャクチャにボロボロにしたくなる。
こんな女はいなくなってしまえと、思うようになる。
自分のことばかり考えている。


アルコールを1杯飲んで、女を車の助手席に乗せる。
「送っていくよ」と優しく声をかけると、女は顔をほころばせる。
外は、だんだんと薄黒い色の空に覆われる。大きく発達した積乱雲が、あちこちに猛威を揮いだしている。
稲妻が走る。漆黒の闇が蒼白い光で、その景色を一瞬浮かび上がらせる。
闇夜が切り裂かれる。
地響きがするほどの雷鳴の中、男は車を走らせる。
ワイパーの効果などない位の豪雨だ。
バリバリ、バシッ、ガッシャっと落雷する。
女の顔は不安そうだ。おかしなヤツだ。

交差点の右折斜線で信号が青に変わるのを待つ。
対向車のヘッドライトが道路に反射して、雨の勢いがわかる。
対向車線から、トラックが数台やってくる。
男はゆっくりとアクセルを踏む。ジリジリと、これからの事を考えながら。

トラックが1台通過した。もう少しだ。
次の車が来た時に、ほんの、わずかな1秒にも満たない時間差で、男は急発進する。
車が2台、男の車の助手席に突っ込む。
女の身体が浮いて、シートベルトが内臓に食い込む。男はステアリングにしがみつく。
一旦前のめりになった女の身体は、その反撃でシートに叩きつけられる。
フロントガラスの粉々の破片が、男の頭の上にも、霙のように降り積もる。
車が回転する。スローモーションのように色々な物体が自分に降りてくる。

女は即死。男は、酒気帯運転。過失致死。
一人になって男は笑い出す。もう、女はいない。
そして、ふと自分の周りには、自分のことを思ってくれる人間などいないと気づき、
その侘しさに打ち震える。
ほんの一瞬でも女を必要としていた事に気が付く。
男は、女の顔と声を思い出しながら、マスターベイトする。
その後に残るのは、射精した快感ではなく、苦しみだけだ。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村



COMMENT LIST



<<こころの闇 *HOME 堕ちる>>
COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 




TRACKBACK

TRACKBACK URL to this Entry

<<こころの闇HOME堕ちる>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。