FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > Title - 雲TOP > > Title - 雲

スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



COMMENT LIST

 
夕闇迫り来て
唯雲のみぞ 色変へず漂ふ
空の色黒くなりて 
熟れて傷み始めたる
水菓子のやうに溶けだし
その中へと身を投げたし
雲になりたしと思ふぞかし
雲となりしは 何処へとさ迷へど
形をば変はりても
咎める者 唯一人としておらず
雲となりては 私が感情は消え去りむ
流れる毎 揺れ去る毎 薄れ行く
あなや
信ずること 余りにも愚かしく
情けなきこと
これが人生か 人生がかのようなことか
あなた 私が雲へとなりたし由 知る人ぞ
私が覚へしより 更に知る

消え去りたきと願ふわけ
あなたが 誰れよりも知る




違いだらけだ、表現方法間(まだまだ未熟)
わからない人、多いだろうな
日本語は美しいのに、どんどん醜く変えてる日本人てどうしようもないね

こんなの書いたら、またランキング落ちる
解せない
官能小説書くとランクが上がるって、どうよ?
命がけで書いてるんだぞ!

もういいや、ついでに愚痴も書く
だけど、昨日の小説もきちんと完結させる


学問だ、小説だと云いておき乍ら、結局は淫らな話を書けば順位が上がるとは、恥ずかしきことぞ。
ああ、もう厭だ厭だ。くだらない、情けない、いっそのこと何も書けなくなってしまへと思うぞかし。
そんな様子を見てひょいと私が手をとりて
「あれ、あなた、何を今頃さような事をおっしゃっているんです。
この世はみんな自分が為にあらう、人の情ほど薄いものはございませぬ。
だったら、すっぱりお止めになったら如何で?余程軽やかなる心持ちになりませぬか」
「しかしだ・・・」
言葉を遮りつつ、冷たき寂しい笑みさえ見せ、私が袖の中へ手を入れるも憚りなく。
「誰も彼も、あなたのことなぞ気にしてはおりませぬ。それが生きるということで。全く。
自分が為だけに生きてゐるなれば、他人がことなど表向きは構っているかのよう、けれど、結局は自分が善い思ひをしたいだけ、ならば、あなたが為したき事をすれば良いではないか。
あなたの好きなやうにすればよいでさう。どうで、短い命なれば、好きに生きた方が仕合せというものであろ」
「さうだな、さうだな」
と答へてはみても、胸の内侘しく、悲しく、えも云はれぬ切なさ溢るる。



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村



COMMENT LIST



<<本性 その弐 *HOME 本性 その壱>>
COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 




TRACKBACK

TRACKBACK URL to this Entry

<<本性 その弐HOME本性 その壱>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。